映画好きの管理人riririのブログです(´ω`)
映画好きさん歓迎です(・∀・)
コメント残していってください!

★プロフィールも見てくださいね★
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< :o | main | 2 >>
そして父になる
 そして父になる

監督*脚本*編集:是枝裕和
福山雅治
尾野真千子
リリー・フランキー
真木よう子
野々宮慶多
ファンショウゲン
田中哲司
井浦新
國村隼
樹木希林
夏八木勲

家族ってものを考える

一緒に過ごした時間
どちらが大切なのか。

素人が上から目線ですみません。
勝手に思ったことつらつらかきます。

前半はちょっとコメディー?要素があって。クスッと笑ってしまいました。
卵の話の場面の福山さんちょっとオーバーリアクションに見えてしまいました。
演技してます!って強調されているように私の目にはうつりました。

 福山雅治さん、嫌みったらしい演技がお上手だったとおもいます。
イケメン、いいやつ役を今まではやってきて、はじめての悪役?
意外とこっちの方が素っぽい感じで演技されていたと思います。
是枝監督の演出がそういう感じなわけもあって。

福山さんもよかったとおもいますが、やっぱり今回は他のキャストがいい味を出していました。
福山雅治演じる良太の妻、みどり役の尾野真千子。
相手夫婦に、リリー・フランキーと真木よう子。
尾野さんも真木さんはもちろんのこと、リリーさんが一番よかったです。
良太と対照的に子供との時間を大切にする父親。
ちょっとがめついところもあるけど、こんなお父さんがいたらいいなー。っていうのを醸し出していました。
本当に楽しそうに子供達と遊ぶんですよね。
本人もおっしゃっていましたが、演技はあまりした記憶がない、8割は子供と遊んでいました。
とのこと。
子どもと遊ぶのをあんなに楽しそうにできるのは、リリーさんだからだな。と思います。
キャスティングって凄い重要なんだと実感しました。

子どものの演技指導はやっぱりすごかったです。
本当に素にしか見えません。大人が作った言葉を話すのではなく、自分の言葉で話しているという感じです。
子どもには台本は渡さないというやり方でやっているんですよね。
子どもの言葉で語るって大切ですよね。

いやー なんだかんだいいましたが。
私はこの作品が好きです。

是枝作品を初めて見た友達は途中で飽きちゃったみたいですが、それは好き嫌いありますよね。
桐島......みたいにならないことを私は祈りますが。笑          
スポンサーサイト
COMMENT